査定書から相場を掴む方法(戸建て編。)

無料査定をすることで、売却価格の相場を掴むことができます。
以前の記事で簡単にご紹介をしましたが、今回はちょっと深掘り。

流石にレインズを見ることはできないと思うので、今回は査定書を使った相場の掴み方、戸建て編について解説していきます。

あわせて読みたい
この方法で不動産売却相場を掴もう。 意外とつかみにくいのが相場です。今自分が住んでいる地域のお家がどれくらいの相場で売却されているかを掴むことができれば、売れ残りは防げますし、不動産屋さんが安...
目次

売れ残りを防ぐために相場を掴む方法

あなたが住んでいる地域の相場を掴む方法として流れとしてはこんな感じです。

・無料査定(机上)を依頼して査定書を集める

・成約事例を確認。

・土地成約価格を坪単価で出す。

無料査定(机上)を依頼して周辺情報をあつめる

まずは、無料査定を使って査定書を作ってもらいます。

これはあなたの家の価値を調べるのと、周辺状況の情報を集めるためです。不動産屋さんが、周辺のお家の過去の売買データーをベースにして作ります。

机上査定で構わないので査定書を作ってもらいましょう。不動産屋さんから本人確認の電話が入りますが、営業はされません。安心して依頼をしてください。

お勧めは、1400社以上の不動産屋さんが登録しているリビンマッチタウンライフ です。

入力も簡単ですし、より多くの不動産屋さんから情報を集めることができるのでお勧めです。

リビンマッチで無料査定

成約事例を確認する

査定書が届いたら、まずは成約事例を確認します。成約事例とはあなたのお家の周辺で売れたお家のデーターです。

不動産屋さんは取引された金額のデーターがあります。査定価格は成約事例をベースに値段をつけますので、

そのデーターを見ることでいくらで売れたかを確認することができます。

成約事例から相場を確認する方法

まず、あなたが出そうと思っている不動産の地域の○丁目で成約している物件のデーターを確認します。(1丁目に物件があるなら1丁目の成約事例をみます)

いくつか成約物件があると思うのですが、その中で築年数が木造で25年以上の中古戸建て、もしくは土地がいくらで売れてるか確認しましょう。

2500万で土地の広さ30坪で25年の中古戸建てが売れてる場合。建物の値段はほぼつかないので土地だけの値段になります。

ということで、2500万➗30坪をします。すると83万と出てきます。

次に土地の成約事例をみます。

例えば、土地だけ(更地)で2000万円28坪で成約してたとします。同じように2000➗28をすると

71万となります。1坪あたり12万ほどの差が出てます。

相場は値段の幅がある。

株価などがそうであるように、不動産相場にも値段の幅があります。それはいろんな環境や条件に左右されるからです。

本当にたくさんあるので全部は解説しませんが、簡単なところで言うと道路。

公道や私道など道路の条件や駅からの距離などで値段が変わってきます。

1番簡単なのが駅からの距離です。最寄駅が遠い。坂があると土地の値段はやすくなってきます。

この値段はばであればにたような条件の不動産を売却するときに

相場がわかっていない不動産屋さんは要注意。

ここで査定書を見るとどこの不動産屋さんが坪単価でバカ高い値段をつけてて、安い値段をつけてるかがわかります。

坪単価95万とかでつけてる不動産屋さんは、相場をわかってない不動産屋さんもしくはあなたを舐めてかかってるとわかります。

つまり危ない不動産屋さん。売れ残り必須です。

逆に坪単価50万とかで査定価格をつけてる不動産屋さんを選ぶと売れはしますが、安売りしてしまうのでこれも選ばない。

相場がわかってないので営業せず業者に売却しちゃいます。つまり高く売れません。

買う人は相場より安く買いたい。

間違ってはいけないのが、不動産を買う人は相場より安く買いたいし買う人にも不動産屋さんがついてるってことです。

つまり相場より高い物件については紹介すらしないって事です。

家を買う人は予算があります。予算内に収まらない物件は不動産屋さんは紹介すらしません。

なので相場を掴んでおくことが大事です。

相場からかけ離れた価格で出すと売れ残る

いくら値下げをするからとはいえ相場より高い値段で出しても何の意味もありません。むしろ不動産屋さんは警戒します。

相場より高ければ「交渉すら無駄」相場より安ければ「何か絶対にあるから用心」と考えるのでお客さんには勧めません。

だって相場をよく知ってる不動産屋さんがそんな値段で出すわけないから、必ずトラブルがあると考えます。

まとめ・売りに出すときは不動産屋さんに相場を確認。

ざっくりではありますが、相場の掴み方について解説しました。相場を掴むには成約事例=査定書をたくさん集めることが大切です。相場を掴んでおけば変な不動産屋さんを相手にすることが減ります。


あなたのお家を売却するときに大切なのは値段の付け方です。相場がわかっていれば高額な値段をつけることはないので、問い合わせも増えてきます。

不動産屋さんも相場に関しては教えてくれるので以下のような質問をしてみましょう。

「土地だけだと坪単価どれくらいの値幅で取引されてますか?」

「この物件だと成約は1番高くてどれくらいの値段になりそうですか?」

と聞いてみてください。

200~300万ぐらいの値幅で教えてくれます。そこから値段をつけて売りに出しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産屋さんで2年ほど勤務。お家やマンションの査定や売却相談と営業をしてきました。現在退職。ブログを作るきっかけは不動産売却は何も考えずに値段で不動産屋さんに依頼してる人が多く、そのせいで売れ残りや失敗した相談を数多く受けてきたからです。高額査定に気をつけろが合言葉。

目次
閉じる