北摂地域の不動産屋さんの選びかた

これから家を買おう。もしくは建てよう。でもどうやって不動産屋さんを選んだらいいのかわからないですよね?

特に北摂地域は人気の地区で豊中市や吹田市は子育て支援が分厚く資産価値も高く家を持ちたい方が多くいる地域です。

かくいう僕も不動産屋さんで働いていた当時、不動産屋さん選びを失敗した方のお話をよく聞きました。

この記事では北摂地域の不動産屋さんの選び方について書いていきます。

ただし、注意があります。この記事では不動産屋さんのレビューではなく選び方のコツについて書いていきますので

北摂地域の不動産レビューを求めている方はこのままそっとタブを閉じてもらえればと思います。

Youtube twitterをしてるのでフォローお願いします。

目次

北摂地域での不動産屋さんの選び方のポイント

北摂地域での不動産屋さんの選び方のポイントとして、

注文住宅を選ぶのかそれともマンションや戸建てを選ぶのかで選び方が変わってきます。

注文住宅を選ぶ人は、建築を主体とした工務店・不動産会社を選ぶのか
土地を別の会社で仕入れてその後建築を工務店に任せるのかで変わってきます。

建て売りやマンションを買う人は大手を選ぶか地域密着の会社を選ぶかで変わってきます。

北摂地域で注文住宅を建てる時の工務店の選び方

注文住宅を考えている場合、工務店をどのように選ぶかがポイントになってきます。
ここでは建築をメインに土地探しもしてくれる会社の選び方のポイントを解説していきます。

ポイントは以下の3つ

・住宅完成保証制度に加盟している会社を選ぶこと

・モデルルームではなく完成見学会をしているところを選ぶこと

・間取りで決めないこと。

注文住宅を考えている場合、不動産屋さんを選ぶというよりも工務店を中心に選んでいきます。

建築中のトラブルや倒産を防ぐため住宅完成保証制度に加盟している会社を中心にまず選んでいきます。

意外と建築中に倒産する会社があります。

次に、完成見学会を多くしている会社を選ぶことです。

後悔している人は間取りや雰囲気で決めてる人が多く、意外と住み心地をあと回しにしている人が多いです。

完成見学会を実施してる会社は、住んでる人も快く家を見せてくれる=誰かに勧めたい家。満足度が高い工務店です

北摂地域で建て売りやマンションを買うなら

建て売りやマンションを買うのであれば基本的不動産屋さんを探すことになります。

ポイントは以下の通り

・北摂地域で建て売りや仲介を選ぶなら大手でも街の不動産屋さんでもOK

・気になる物件を紹介してもらえるか

建売やマンションを買おうと思っているのであれば,大手や中小の区別はあまりしなくてもOKです、

仲介手数料だけで取引が終わるので、気になった物件を紹介してもらえるかを問い合わせしていくのがお勧めです。

大手の不動産屋さんのメリットデメリット

メリットは大手の不動産屋さんはそのブランドと信頼感で取引をすることができます。

デメリットは、社員さんの転勤や独立が多いのですごく仕事のできる人は独立したり、

転勤が多い社員さんはいわゆる地域の細かいところまでわかっていない人も多く

知識面で購入する人よりも劣ってしまう営業マンに出会うことが多いのが特徴です。

大手の信頼感から取扱物件が多いのも特徴です。

地方の不動産屋さんのメリットデメリット

いわゆる地域の不動産屋さんのメリットはその地域での商売を多くしているので地域のことにも強く場所の特性などを知っていることが多いのが特徴です。

特に、その地に5年〜10年ほど経営していればそれなりに信頼もあるのでSUUMOなどに載っていない物件などを任されている場合もあるので

S掘り出し物を期待することもできます。

デメリットは知名度と物件所有数です。

特に所有数。知名度が低いと売主さんからいわゆる売り物件を任せてもらえないことが多いので

物件数で大手さんに勝てないことが多いです。

北摂地域でリフォームも考えているのであれば

リフォームを前提で物件を探しているのであれば、仲介業者とリフォーム業者を分けて考えるか、

物件探しとリフォームをまとめてお願いするかの選択肢になります。

最近はリフォームをメインに不動産仲介もしてくれる会社が増えてきています。リフォームは不動産会社からすると儲かるので割と、適当な施工をする会社も多いので

そういった会社に当たらないためにも厳重な審査をした会社を紹介してくれるライフルホームズがお勧めになります。

北摂地域での戸建て・注文住宅の予算の組み方

北摂地域は人気の地区なので予算がどうしても上がる地域になってきます。

立地や広さ校区の良さなど、全てを叶えようとすると何億円あっても足りません。

土地も高いので中古住宅を解体して立て直すという選択肢も入っていきます。

予算をきっちり把握しておく必要があります。

予算が適当だと不動産屋さんは何もしてくれない。

基本的にはローンで購入するのが前提になってはくると思いますが、いくらの金額を借りれるか事前審査などはしたことはありますか?

借りれる金額となんとなくの予算では選べる物件が違います。

例えば「3000万ぐらいの予算で〜広さはこれくらいで〜駅近で」という人が多くいますが、3000万円までなのかそれとも3300万なのかで

選べる物件が変わってきます。

こういったお客さんに対しては不動産屋さんは真剣に対応してはくれません。

あなたが考える3000万ぐらいでは不動産屋さんは何も仕事をしてくれません。

きちんと予算を把握しておく必要があります。

FPで予算を組むのが効果的な理由。

銀行の事前審査は住宅ローンがいくらまで借りることができることを調べるもので、返済できるかは別問題。

僕も不動産屋さんで働いていた頃限度額いっぱいに借りてマイホームを手に入れたが生活スタイルが変わって(子供が私立に行ったり)家を手放す人を奥見てきました。

これからの時代、終身雇用で給料が上がり続ける時代ではありません。

銀行と不動産屋さんは限度額しか教えてくれない。

ですが、FPを使えば無料で受託ローンを含めた人生におけるお金の出費のシュミレーションをしてくれます。

返せない住宅ローンを借りるまえにFPをすることで無理なく返せる予算がいくら蚊がわかることで

お金への漠然とした不安も無くなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

不動産屋さんで2年ほど勤務。お家やマンションの査定や売却相談と営業をしてきました。現在退職。ブログを作るきっかけは不動産売却は何も考えずに値段で不動産屋さんに依頼してる人が多く、そのせいで売れ残りや失敗した相談を数多く受けてきたからです。高額査定に気をつけろが合言葉。

目次
閉じる